2018年03月26日

春花粉対策 と 春不調対策

180326-1.jpg

今年は春が早くて桜も咲き進み、
自宅菜園も野菜を押しのけ雑草がモリモリ育っています。笑

そして恒例の花粉シーズン。
今年は酷い!という方、今年から始まった!という方を始め、
2~3年前から増え始めた「喉だけ調子が悪い」タイプの
アレルギーが今年は多いみたいです。

さて、ちょうど一年前から花粉対策としてお茶を飲み続けていましたが
あれこれ試してきた自然療法で初めて鼻に効果がありました!

180326-2.jpg

鼻水対策セット。
飲んでいるお茶は「なたまめ茶」といいます。
どれほどの効果かというと
時々くしゃみや鼻水・鼻づまりは起こしますが
湯水のように(笑)鼻水が出ることはなく割とすぐに収まります。
今のところ約30年ぶり!に薬を飲まずに過ごしていますよ。
 ↑ 昔は急性結膜炎と慢性鼻炎と診断されてましたW
鼻炎の薬は結構強く、1ヶ月も飲んでいると腎臓が疲れて
カラダが怠くなるのが分かるほどなので
それを飲まずに済むとは素晴らしい成果です
私の場合は去年の春花粉には飲み始めが遅くて効果がありませんでしたが
去年の夏アレルギー以降は効果があったので
やはり3~4ヶ月前から飲むのがよろしいかと思います。

丹波なた豆茶 Large Pack/〜美味しさと実感のお茶〜【送料無料】なたまめ茶/国産/無農薬/オーガニック/ノンカフェイン/ - 丹波なた豆茶のお店 こやま園
丹波なた豆茶 Large Pack/〜美味しさと実感のお茶〜【送料無料】なたまめ茶/国産/無農薬/オーガニック/ノンカフェイン/ - 丹波なた豆茶のお店 こやま園


でもマスクはしたほうが更に症状が緩和されるので
サージカルではなくピッタリ型の目が細かいものを愛用中。

そして
ティートリーの精油をコップに一滴垂らしたぬるま湯で
1日1~2回ガラガラ&ブクブクうがいをしています。
抗菌作用が高いのでうがいをすると
私は鼻の奥にある鼻水、めっちゃ出ます。笑
不調のときに粘着く口の中もすっきりしますよ。


と、私の花粉対策鼻水編をお届けしましたが
お茶を飲み続けていることで最近、別のある発見をしました。

180326-4.jpg

花粉と同時に今年はいつもより1ヶ月早く
「春の怠重眠(ダルい・オモい・ネムい)」がやってきています。
冬に溜め込んだものを放出しきるまで続くのでせっせと出すしかないのですが
この間は
 ・カラダを動かす。
 ・水分をたくさん摂る。
 ・マッサージも有効かと^^
 ・春の苦い野菜(山菜、つくし、菜の花など)を摂る。
のが効果的かと思うのですが、発見は、水分。
今までずっと水分は「水とお茶で差があるのか?」と
みなさんにもよく質問されていました。
私自身は水のほうが良い気がしつつ、ギモンは拭えないままで
水が飲めないならお茶で、とお話してきました。

で、お茶です。

先週前半、超ダルかったんですよ。
鼻炎の薬を飲んでいないにも関わらず!
鼻も口内もなんだかネバつきぎみだし、お茶飲んでる割にトイレの回数も少ない。
ということで気がつきました。
ちょっとお茶止めて1日水を飲んでみたら
ダルさもネバつきもかなり、回復!

デトックスにはやはり、お水のほうが効果があるようです。
もしチャレンジされるのなら、ずっとでなくてもよいのでまずは2~3日、
他の飲み物をあまり摂らずににお水を1日最低1L。
お水は
水道水<浄水<白湯<ミネラルウォーターがgoodかと思います。
写真のお水は吸収が早いのか、たくさん飲んでも
胃がちゃぽちゃぽせず、確実にトイレの回数が増えるので
長年愛用、お店でもお出ししています。

今日書いた内容はすべてのみなさんに効果が出るわけではありませんが
自然療法はひとつづつ試して、自分に合うものを探していかないと
見つからないんですよね(uu; 私もたくさん試しました。
花粉やダルオモで辛い方の参考になりますように!


ということで。
もうすぐ3月もおしまい、来週から新年度です。
花粉は時期が終わるまで耐えるしかありませんが少しでもラクに過ごせるように。
春のオモダルはせっせと排出して。
春分も過ぎ、待ちに待った「陽」の季節を楽しみましょ



posted by トリシュラ at 15:38| Comment(0) | オシラセ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください