2014年12月22日

冬至+新月=【朔旦冬至】

141222.jpg
winter solstice & new moon

今日は冬至。
日照時間が少なくなり、太陽のエネルギーが極限まで弱まって
そこからもう1度、冬至を境に太陽のエネルギーが大きくなり
昼の時間が長くなっていく、そんな太陽の復活の日とされ
日本でも昔から祝われてきました。

一方、今日は新月でもあります。
太陽の周期に対して月の満ち欠けのサイクルで冬至にあたるのが新月。
月は満月からどんどん欠けていき一度姿を消したあと、
新月で復活し、満月に向けて満ちていくからです。

この太陽の復活の日『冬至』と、
月の復活の日『新月』が重なるのが『朔旦冬至』ですが
この2つが重なるのは19年に1度なんだそうです。

太陽と月が両者とも陰極まり、氣は極陰!の、今日。
陰、は悪いものではなく始まりを迎える日です。
・・・こんな大事なことに気づくのが前日(昨夜気づいた)とは!>汗
極陰(新月JST)は既に過ぎ、徐々に陽が始まっていますが
ちょっと何かしておきたいですね(^◇^;

陰のときは『一掃一新』するとよい、とされています。
ゼロ、スタート、整理、心新たに、に関することをするとよいです。
簡単なものでは『何かを手放(捨てる)して、何かを新調する』。
『何か』は自分が望むものに関するものがいいと思います。
一般的にはお財布やスケジュール帳がいいみたいですね。

私は何しようかなぁ。
カラダ・ココロ・タマシイが軽くなるようなことを
しようかな。ふふ


posted by トリシュラ at 12:08| Comment(0) | ソラモヨウ・ホシモヨウ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください